老眼は治る 今から始める老眼対策 

老眼は高齢者だけではない?増え続けるスマホ老眼の症状と対策

老眼の原因と対策

男性

高齢者に最も多い「老眼」

年齢を重ねると共に、身体の機能が衰えてきます。中でも、生活に支障をきたしてしまうのが「視力」です。視力が衰えてしまうと、周囲や物がよく見えなくなりますので、ケガをしてしまいます。一般的に、年齢が衰えてきてから視力が悪くなる症状を「老眼」というのです。老眼を発症してしまうと、症状は中々回復できません。
そんな老眼は、これまでは高齢者に多い病気と考えられていたのですが、近年ではパソコンの普及率が年々右肩上がりになっています。よって、若い年代にもかかわらず、老眼を発症してしまう人が増えているようです。

若者の間でも急上昇!「スマホ老眼」について

最近では、1人に1台は必ず持っているといわれているスマホ。そのスマホを長時間使用し続けていると、「スマホ老眼」にかかってしまうリスクが非常に高まります。スマホ老眼を発症してしまう原因は、スマホ以外にもタブレットやパソコンも挙げられるのです。定期的に目を休ませるという習慣を心がけていれば、進行を抑えられます。

どうして「スマホ老眼」を発症するの?

眼球の表面(瞳の部分)には、物がよく見えるように水晶体があります。その水晶体には目を通して情報を取得できるように、網状の形をした「毛様体筋」という筋肉を使ってピントを合わせるのです。この毛様体筋を長時間使用し続けると、筋肉がこわばってしまい、水晶体のピントが合わせられなくなってしまいます。この状態を長く行い続けていくうちに、毛様体筋が衰えて、早い人では30代から老眼鏡が欠かせない状態になってしまうのです。症状を抑える方法として、スマホやパソコン、タブレットなどといった機械の使用時間を決めて、適度に休めるようにしましょう。